コックピット B737

 
日本の航空会社が使用する同世代の機材でも、コックピットのレイアウトが異なることが分かる。これは搭載する航行機器が異なるために生じる。JALグループの機材は殆どの航行機器が2系統装備されている。新世代の飛行機では全てをディスプレーに表示する為に、このような違いが分からなくなってきている。

 

ANK B737-500

 

JTA B737-400