日本における法律上の規定

 

航空機内における安全阻害行為に対する機長の抑止措置に関する規定

航空法 第73条の3
 
機長は、航空機内にある者が、離陸のため当該航空機のすべての乗降口が閉ざされた時から着陸の後降機のためこれらの乗降口のうちいずれかが開かれる時までに、当該航空機の安全を害し、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産に危害を及ぼし、当該航空機内の秩序をみだし、若しくは当該航空機内の規律に違反する行為をし、又はこれらの行為をしようとしていると信ずるに足りる相当な理由があるときは、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規則の維持のために必要な限度で、その者に対し拘束その他これらの行為を抑止するための措置をとり、又はその者を降機させることができる。
   
機長は、前項の規定に基づき拘束している場合において、航空機を着陸させたときは、拘束されている者が拘束されたまま引きれき搭乗することに同意する場合及びその者を降機させないことについてやむを得ない事由がある場合を除き、その者を引き続き拘束したまま当該航空機を離陸させてはならない。
   
航空機内にある者は、機長の要請又は承認に基づき、機長が第1項の惜置をとることに対し必要な援助を行なうことができる。
   
機長は、航空機を着陸させる場合において、第1項の規定に基づき拘束している者があるとき、又は同項の規定に基づき降機させようとする者があるときは、できる限り着陸前に、拘束又は降機の理由を示してその旨を着陸地のもよりの航空交通管制機関に連絡しなければならない。
   
1 機長の抑止力の及ぶ期間
 
出発のためにすべての乗降口を閉ざした時から着陸後に乗降口を開けるときまで。
 
2 安全阻害行為者
   

航空機、搭乗者及び財産に害を与え、又は与えようとしている者

機内の秩序を乱し、規律に違反し、 又はその行為をしようとしている者

   
3 機長の権限
   
イ  拘束等によりその行為を抑えること。
   
降機させること。
   

機内にある他の搭乗者に対し、必要な援助の要請又は承認を行うこと。