エアバス社 A320−200型機

エアバス社が最初に投入したナローボディー機。A320−100型として生産を開始したが、すぐに−200型に変更された。わずかに生産された−100型機も−200型に改造されている。複合材を多用した機体に、民間航空機としては初めて操縦系統が完全なフライ・バイ・ワイヤー(電子式操縦)方式を採用。1988年から路線就航している。
運航機体数(2001年4月現在) 916
運航会社数(2001年4月現在) 85
地理的分布 アフリカ・中近東 66
欧州 325
北米 295
アジア・太平洋州 167
中南米・カリブ海地方 63
搭載エンジン 機種 CFM56−5/A1/A3/B4、V2500−A1、V2527/E−A5
搭載機体数 CFM56 552機、V2500 364機
米国騒音規制適合 ステージ3
機体 胴体長 37.57メートル
翼幅 34.09メートル
最大離陸重量 75,500〜77,000キログラム
航続距離 5,556キロメートル(150座席)
輸送能力 150座席(2クラス制)から179座席
生産年次 1988年〜