エアバス社 A300B4−200型機

原型となったのは中距離型のA300B2型機で、胴体構造を強化、輸送能力を向上させた。輸送能力が一段低い、A300B4−100型機と同時の1974年12月に初飛行。A300−600型シリーズが登場するまで生産された。
運航機体数(2001年4月現在) 35
運航会社数(2001年4月現在) 13
地理的分布 アフリカ・中近東
欧州
北米
アジア・太平洋州 23
中南米・カリブ海地方
搭載エンジン 機種 CF6−50C2/C2R
搭載機体数 CF6−50 35機
米国騒音規制適合 ステージ3
機体 胴体長 53.62メートル
翼幅 44.84メートル
最大離陸重量 165,000キログラム
航続距離 5,350キロメートル(251座席)
輸送能力 251座席(2クラス制)から345座席
生産年次 1975〜1985年