<< BACK 

航空事情 航空ビジネス講座

TOP>>

基礎編

1.航空の経済

事業の性格
収入と支出
座席と予約
プライシングとスケジューリング
機材計画 (1)
機材計画 (2)

2. 米国の航空業界

事業免許の種類 (1)
事業免許の種類 (2)
大手航空会社の組織構成 運航・整備部門
大手航空会社の組織構成 営業・販売部門
大手航空会社の組織構成 管理部門

3. 規制緩和

航空規制緩和法 (1)
航空規制緩和法 (2)
残った規制
規制緩和の影響 (1)
規制緩和の影響 (2)
マイレージ・サービス
共同運航(コードシェア)
4. 飛行の歴史 初めて物語
第1次世界大戦
航空郵便
航空郵便の民営化
商業航空法
空の自動車王
チャールズ・リンドバーグ
スキャンダル
飛行の技術革新
最初の近代的飛行機
旅客機としての進化
1938年民間航空法
第二次世界大戦
ジェット機の時代へ
1958年連邦航空法
ジャンボ機、超音速機の登場
5. 安全な飛行のために 統計
連邦航空局
機体証明
運航事業資格
個人の資格・空港
機体整備(1)
機体整備(2)
訓練
航空保安
連帯貢献
事故調査

6.飛行の原理

飛行の段階(滑走路への誘導)
離陸、上昇
巡航
降下、着陸
駐機
機体 − 胴体、操縦室、客室、貨物室
機体 − 翼、尾翼
機体 − 操縦翼面(動翼)
機体 − 着陸装置、エンジン
機体 − ジェット推力
機体 − ジェット・エンジンの種類
7.米国の空港 空港の所有者
民営化
組織
財政支援
一般空港収入債
空港の費用
規制
空港の能力

8.航空管制

役割と施設
航空交通流管理
レーダー、通信手段
飛行計画
地上走行
離陸、上昇、巡航
着陸
規制緩和への対応

9.航空と環境

燃料効率
環境対策への取り組み
騒音
空港と整備施設
リサイクル
環境物質の管理
10.用語解説 国際民間航空機関(ICAO)
国際航空運送協会(IATA)
商業航空権、5つの自由
カボタージュ
二国間航空協定
バミューダ協定
ハブ空港
CRS(1)
CRS(2)
システム