Click Here!
 
<< BACK 

航空事情 航空ビジネス講座

TOP>>

 

9.航空と環境 - 環境物質の管理

 
燃料管理
--------
航空会社は、燃料の管理に置いて環境への影響をより最小限に抑え、既に汚染したものを浄化する為の行動を実施しています。これらの行動には次のようなものが含まれています。

1)地下水への燃料漏れを防ぐため、地下に設けられた燃料タンクなどの施設を地上に移設したり、地下施設を廃棄したりしています。

2)石油関係の業界や研究機関と共同で、空港での油圧を利用した燃料供給システムからの、燃料漏れを検知する技術を開発しています。

3)空港固有の環境に基づき修正を加えた行動計画を作成し、これまでに空港を汚染してきたものを浄化しています。

除氷剤管理
----------
航空会社は、航空機の除氷剤や着氷防止剤の使用による、環境への影響を管理する様々な手法を開発しています。それらは次のものを含んでいます。

1)空港で使用された除氷剤や着氷防止剤が、環境に影響を与えないように適切に処理される前に、地下水や川などに流れ込まないよう、回収施設や貯蔵施設を設けています。

2)安全管理と一致して、使用される除氷剤や着氷防止剤の量を最小限に抑える、最良の管理手法を開発しています。

3)除氷剤の使用量を抑える新たな除氷方法の研究や、環境への影響の少ない除氷剤の開発などを進めています。

4)環境への配慮がなされているかいないかを、調達行動に反映させています。

5)除氷剤や着氷防止剤の、環境に悪影響を与える要素を減少させる方法を研究しています。

最新ヒット満載(大)