富士通ショッピングサイト WEB MART

<< BACK 

航空事情 航空ビジネス講座

TOP>>

 

9.航空と環境 - 空港と整備施設

 
航空会社や空港は、空港や整備施設での作業から出る排気や排水から、有害な廃棄物を減らしリ無くす手段を講じています。次に挙げるのが、それらの例です。

1)使用した機体の除氷剤を回収したり貯める施設を設け、地面に吸収されたり、川や湖などの空港に近い水源へ、処理される前に流れ出ないようにする。

2)機体の操作や貨物の移動などの為に空港施設内で使用する車両を、化石燃料から電気を動力源とするものを出来るだけ導入する。

3)航空貨物の搬入搬出の為、空港に出入りするトラックなどに、天然液化ガスなど環境に優しい燃料を使用する車両を出来るだけ導入する。

4)地下水への燃料漏れを防ぐ為に、地下燃料施設の廃棄、もしくは地上へ移設させ、整備施設から出る排水の浄化処理施設を設ける。

5)機体塗装を剥がすのに、新たな環境に注意した方法を導入する。

6)整備施設から出される有毒物質の廃棄へ、新たなより良い管理方法を導入する。

7)小型の溶剤トレーを使用することで、必要以上の溶剤使用を抑えるなどと言った、整備現場での創意工夫による環境対策の促進を促す。

8)塩素系の溶剤よりも環境上の危険性が低い、新たな柑橘系やアルカリ系溶剤の使用や、水の浄化装置を導入する。
Click Here!