Click Here!
 
<< BACK 

航空事情 航空ビジネス講座

TOP>>

 

8.航空管制 - 規制緩和への対応

 
航空管制は全ての民間航空機の運航に関わっていることから、その効率性や処理能力の問題は直接、航空会社の定時運航率に影響を与えます。航空管制施設での装置の故障や管制官の不足は、業務の停滞を招き、運航便の遅延原因となります。

最も多い航空交通での渋滞原因は悪天候ですが、航空管制システムの未整備も大きな原因となり得ます。誘導路や空港ターミナル・ゲートで、運航便の渋滞が起きないように、運航便を速やかに処理する能力が航空管制には求められています。

米国では平均で1日900便が15分以上の遅れを被り、航空会社と乗客が被る経済的損失は年間で50億ドルを超えるとされています。航空会社では、運航便の遅延により、余分な燃料が消費され、バックアップの運航乗務員を勤務させなくてはならず、機材やその他の施設が非効率に使用されることを余儀なくされています。

規制緩和に伴い航空需要は益々増加する傾向にありますが、航空管制には効率的に航空輸送を処理することが期待され、大幅な近代化が進められています。
Click Here!